Graph-R ver.2.45

Graph-Rをバージョンアップしました。バージョンアップ内容は、下記のとおりです。

  • 「Xスケール」、「Yスケール」、「Zスケール」の「自動スケール」のデフォルトをONにしました。
  • コンパイラーをVC++2015から、VC++2019に変更しました。

Graph-R Plus ver.1.74

Graph-R Plusをバージョンアップしました。バージョンアップ内容は、下記のとおりです。

  • 断面表示に、任意断面(3 点指定)、X 円筒、Y 円筒、Z 円筒を追加しました。
  • 断面表示で、X,Y,Z 断面のプラス方法を選択した場合、形状の表示がずれることを修正しました。

Graph-R Plus ver.1.73

Graph-R Plusをバージョンアップしました。バージョンアップ内容は、下記のとおりです。

  • 画像保存と動画保存を高速化しました。
  • Lidar Point Cloud (las)ファイルを読み込めるようにしました。
  • コンパイラーをMicrosoft Visual Studio 2015からMicrosoft Visual Studio 2019に変更しました。
  • USBドングルのランタイムを8.15にバージョンアップしました。

Graph-R Plus ver.1.72

Graph-R Plusをバージョンアップしました。バージョンアップ内容は、下記のとおりです。

  • 3D モデル(Office 用)を出力する機能を追加しました。
  • 指定点の情報を保存する機能を追加しました。
  • アニメーションの動画保存で、ビデオの圧縮形式を指定できる機能を追加しました。(64bit 版のみの機能です。)

Kaggleの画像分類と領域推定のコンペティションで世界10位(金メダル)

2019年8月17日~11月19日の期間にKaggleで開催された画像分類と領域推定のコンペティション「Understanding Clouds from Satellite Images」において、世界各国から1,538チームが参加した中で、10位となり、金メダルを獲得しました。
また、これまでのKaggleでの成績(金メダル:1個、銀メダル:4個、銅メダル:2個)により、Kaggle Masterになりました。

使用した手法は、下記にまとめました。
10th place solution